トップページ | What's New! »

2007年9月 6日 (木)

脳梗塞とMRI  はじめに

脳梗塞など脳血管障害(脳卒中)や、MRI(magnetic resonance imaging)について勉強する画像診断の専門家(を志す初学者も含めて)に、基礎的なことから最新の話題に関して、情報を発信します。

左側の「カテゴリー」別に閲覧してください。

脳梗塞や画像診断について、一般の方にも役に立つ内容も順次掲載します。左「カテゴリー」欄の「一般の方へ」をご覧ください。

Photo

TIME LOST IS BRAIN LOST

”脳梗塞は発症から時間が経つほど脳の機能は失われる”

|

トップページ | What's New! »

はじめに」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞とMRI  はじめに:

» 脳血管障害には、出血性病変と梗塞性病変があります [家庭の医学用語集]
脳血管障害には、出血性病変と梗塞性病変があります。出血性の脳血管障害には、クモ膜下出血、脳内出血があり、いずれも重症例では、命の危険を伴ったり、植物状態や半身不随などの重篤な後遺症が残る深刻な病気です。閉塞性の脳血管障害には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓があります。老齢化や、生活習慣(飲酒・喫煙・運動不足など)、生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症など)が原因といわれています。脳血管障害の症状は、原因が脳血管障害、脳腫瘍、脳挫傷のいずれの場合も、障害を受けた脳の部位で決まってきます。「意識障害」は、脳幹部... [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 00時12分

トップページ | What's New! »