カテゴリー「脳梗塞 画像診断」の記事

2007年9月 7日 (金)

脳梗塞の分類

「classification_of_ninds_cvd_iii.ppt」をダウンロード

機序

  1. 血栓性 thrombotic
  2. 塞栓性 embolic
  3. 血行力学的 hemodynamic

臨床的カテゴリー

  1. アテローム血栓性脳梗塞 atherothrombotic infarction (ATI)
  2. 心原性脳塞栓症 cardioembolic
  3. ラクナ梗塞 lacunar
  4. その他

NINDS第III版の診断基準に基づく

|

脳梗塞の臨床分類

NINDS CVDIIIの分類に基づいて、さらに臨床病型と発症機序をくみあわせて

  1. 心原性塞栓症
  2. 動脈原性塞栓症
  3. アテローム血栓性梗塞
  4. 血行力学的、境界領域梗塞
  5. ラクナ梗塞
  6. 分枝粥腫型梗塞

などに分類される。

「Classification of_cerebral_infarct.ppt」をダウンロード

|

2007年9月 8日 (土)

脳虚血超急性期の画像診断の意義

「超急性期」の定義はありませんが、ここでは発症24時間以内とします。

超急性期の脳虚血(脳梗塞)症例における画像診断の意義は

  1. 急性期出血(実質内出血、くも膜下出血)の否定(鑑別)
  2. すでに非可逆的な組織障害の検出
  3. 動脈閉塞部位の診断(もしくは推定)
  4. 灌流異常域、diffusion-perfusion mismatch領域の検出(もしくは推定)

にあります。さらに1-4について具体的な撮像法をあげると

  1. CTによる急性期出血の否定
  2. early CT sign もしくはMR拡散画像による細胞性浮腫の検出
  3. CTによるHyperdense sign, MRAのTOF欠損、T2強調画像のflow voidの消失、FLAIRのintraarterial signal、T2*強調画像もしくはSWIによるsusceptibility sign、
  4. 造影灌流画像(TTP, MTT, rCBV, rCBF)、もしくはSWIによるmisery perfusionの評価

を用います。

|

2007年9月11日 (火)

超急性期脳虚血の画像診断:目的

画像診断は発症後、来院後すみやかに施行するようにする。治療開始の律速段階にならないように注意する

  1. 非可逆的な組織障害の検出early CT sign, 拡散画像
  2. 動脈閉塞部位の診断MRA, T2WI, FLAIR, T2*WI, (hyperdense sign)
  3. 灌流異常領域の検出CT造影灌流画像MR造影灌流画像
  4. 病型の診断:虚血の進展範囲、発症時間との関係、発症様式、背景因子などから

       青字はMR,赤字はCT、( )内は鋭敏度、特異度の低い所見

  • 1.2からdiffusion (or early sign)-perfusion mismatchの存在を推測
  • 1.3からdiffusion (or early sign)-perfusion mismatchを評価→ischemic penumbra

|

脳虚血超急性期のMRプロトコールの一例

荏原病院放射線科における脳虚血超急性期のMR撮像の目的とプロトコールを示します。

1.緊急MRの目的と方針

  • 脳虚血による組織障害の早期検出(拡散画像)
  • 主幹部、皮質枝の閉塞の有無、閉塞部位の同定、灌流異常域の推定(FLAIR, MRA, SWI,  T2*WIなど)
  • 灌流状態の精査(造影灌流画像、SWIなど)
  • できるだけ速やかに検査を遂行する。とくにtPA血栓溶解療法の適応が考えられるときは、CT,MRのうち、早期に対応できるほうから施行する。MR検査が治療開始の律側段階にならないようにする。

2.緊急MRプロトコール例 (1.5-T装置)

  • 拡散強調画像、ADC画像 (SE-EPI, b=1000):細胞性浮腫(非可逆的組織障害)の早期検出
  • FLAIR : 皮質枝の描出(intraarterial signal, IA sign) →灌流異常域の推定。くも膜下出血の検出
  • T2強調画像: 陳旧性梗塞の検出、超急性期血腫の検出、内頚動脈閉塞の診断
  • MRA: 主幹部閉塞、再開通の有無、Willis動脈輪形態と側副血行の可能性

さらにFLAIRでintraarterial signalが認められ、灌流異常の存在とdiffusion-perfusion mismatchが予測されるとき

  • 造影灌流画像: TTP, MTT, rCBV, rCBFを評価

このほか、時間猶予があるときにSWIを施行、また多施設研究のためにT2*WIを、脳腫瘍などとの鑑別を要するときはMR spectroscopyを、動脈解離を診断するときは造影MRA(元画像による評価)などを施行する。

|

2007年9月12日 (水)

脳梗塞の救急とMRI

  • MR(磁気共鳴コンピュータ断層撮影)にはいろいろな撮像法がありますが、その中で拡散強調画像(diffusion-weighted imaging:DWI)は脳虚血超急性期の組織障害(細胞性浮腫)の早期検出に有用で、心原性塞栓による脳梗塞(心原性塞栓症)では発症30分から1時間程度で信号変化(画像上の色の変化)が出現しえます。発症から数時間しないと信号変化が出現しない、同じMRのT2強調画像と比較しても早期に異常を検出できますし、CTの「脳梗塞の早期CTサイン」と比較しても鋭敏で、明瞭に虚血病変を検出します。
  • ただし、MRは磁場環境(おおきな磁石)の中での検査なので、ペースメーカーを装着されている方は検査を受けられませんし、検査前に多くのチェック事項があります。操作者も細心の注意を払う必要があり、撮像には技術の修練が必要です。日本はMRの普及台数が多いのですが、それでもCTほど多くはなく、検査時間も要することから、ほとんどが予約検査です。したがって救急ベースで、24時間(とくに時間外、夜間)、緊急対応が可能な施設は限られています。
  • 脳虚血超急性期の診断におけるMR拡散強調画像の有用性は、臨床経験から認知されています。しかし、本当に治療成績や予後に寄与するかについては十分なエビデンス(臨床科学的な証明)が確立されていないのも事実です。安全かつ有効な緊急MR検査法確立のために、日本ではMR撮像と診断の標準化のガイドラインの作成や血栓溶解療法におけるMRの診断の有用性の多施設共同研究が現在進行中です。

|

2007年9月18日 (火)

拡散強調画像(DWI)とみかけの拡散係数(ADC)画像 (

拡散         拡散強調画像   ADC (画像) 
大きい           低信号        高値 (高信号) 
小さい(抑制)   高信号        低値 (低信号)

| | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

脳梗塞の早期CT所見 early CT sign

脳梗塞の早期CT所見 early CT sign

中大脳動脈皮質枝領域梗塞

  • 他の領域の梗塞でも基本は同じ

灰白質濃度の低下、すなわち灰白質/白質コントラストの低下(下記1-3)

  • 細胞性浮腫による
  • 血管性浮腫が出現すると、さらにあきらかな低濃度化と腫脹
  • すでに非可逆的な組織障害をあらわす ≒ 拡散強調画像高信号
  1. 基底核(被殻、尾状核、淡蒼球)の濃度低下、輪郭不明瞭化(obscuration of the lentiform nuclei)  →内頸動脈もしくは中大脳動脈M1近位側閉塞
  2. 島回皮質の濃度低下(loss of insular ribbon)
  3. 灰白質/白質の境界不明瞭化(loss of gray-white matter differentiation, すなわち灰白質の濃度低下)
  4. 脳回の腫脹、脳溝の消失(effacement of cortical sulci)
  5. 閉塞動脈が高吸収域(hyperdense artery sign)

4は灰白質の濃度低下を生じたあとに認められる。

5は感度、特異度とも低い。動脈壁の石灰化、ヘマトクリットの上昇した状態では、高濃度にみえてしう。1-4の所見とあわせて用いること。

| | トラックバック (0)