« 祇園祭、山鉾巡行 | トップページ | 祇園祭でトーイング »

2010年7月21日 (水)

まだまだ現役、A300-600R

@羽田空港 7月のある昼下がりの、小1時間で出会ったA300-600R's

目尻の日焼け止めと、R1, R2扉の間にぴったりとはまるJALのロゴ、A300-600R

A300のグラスコックピット機はJAL/JAS統合後の新塗装になって活躍中

Rimg0324

JA016D スポットイン↓

Rimg0320

主翼の小さなウイングレットと、尾翼の前縁のねずみ色の斜ライン

早期退役計画があるものの、B767よりは座席数も多く、貨物搭載量も多く、地方路線を中心に活躍中。今月はB747-400の退役に伴う押し出しで羽田伊丹にも登場。

JA8563JA8659

Rimg0277

出発するJA8559

Rimg0536_2

Rimg0538

Rimg0542 

Rimg0606

続いてJA8565テイクオフ

Rimg0524

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 ←いろいろな航空ブログがご覧になれます

後半の「続き」でも、ある日の小1時間で出会ったA300-600R's

Rimg0427

↑トーイングされるJA8574

出発機 JA8527

Rimg0467

出発機 JA8573

Rimg0251

最後にもう一度、JAL A300-600 JA016D 出発

Rimg0646

素人でもできるBoeing機とAirbus機の見分け方、「Bは機体中央ラインに窓があるが、Aは中央ラインよりも上部に窓がある」、なるほど。以前にAirmanさんから教わった見分け方の ポイントです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 ←いろいろな航空ブログがご覧になれます

人気ブログランキングへ

« 祇園祭、山鉾巡行 | トップページ | 祇園祭でトーイング »

空港 国内 羽田」カテゴリの記事

A300」カテゴリの記事

コメント

T.O.さんこんにちは。コメント有難うございます。JASと統合後、JASの代名詞でありクラシックタイプ(グラスコックピットでない)A300-Bが早々と退役したなかで、A300-600ってこんなに飛んでいたっけというくらい、まだ活躍しています。再生計画の中では今年度中に退役予定ですが、後継機となるB787の導入が大幅に遅れており、今年度中には導入開始されません。B777がB744退役後を代替しているので、A300-600が完全に退役するにはまだ時間がかかるのではと予想しています。地味な飛行機で、機内では離着陸風景の放映もありませんが、エコノミーでは2-5-2配列で、真ん中の3人にならなければ、座席もゆったりしていて、現在のB777の3-4-3よりは快適です。10月31日の当ブログでは、A300-600が登場します。よろしかったら、ご覧ください。なお現存しているA300-600はエアバスがすでに生産を打ち切りした中で、JASのみに単独生産引渡しした世界でも稀有な飛行機です。

B747-400に続き、JALのA300-600Rも本年度中に退役と聞きましたよ!
この間、女満別まで乗りました。
「きゅっ」とヒップアップしたSHAPEや、キャビン内のきつめのアールがとても印象的でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ現役、A300-600R:

« 祇園祭、山鉾巡行 | トップページ | 祇園祭でトーイング »

ブログランキング

Now Bording

  • 下地島空港 DHC8-300
    いろいろな航空機が登場します。
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ