« JL405便パリゆき。後半では退役の次の日のB747 | トップページ | ちょっとくらいの遅れは、気にしないで、ムッシュー! »

2011年3月26日 (土)

JAL A300 阿蘇くもまと、ラストフライト

2011.3.26@阿蘇くまもと空港

Rimg0093

JAL A300-600R 阿蘇くまもと空港、ラストフライト

Rimg0107

熊本空港はもともと全日空エアシステムが羽田線を分け合っていました。ANAはB747, JASはDC-9とA300-B2を導入。当blogも初めて乗った飛行機が熊本線のDC-9でした。そして、B747-400テクノジャンボの初搭乗も台風19号が通り過ぎた翌日の熊本羽田線。ANAは熊本14時代発にB747を投入していましたが、日曜日などはプラチナチケット状態。90年代には日本航空が2往復体勢で参入。初期はB767でしたが、その後B777-200、すなわち「シリウス」「ベガ」などの星座シリーズも投入されました。エアシステムもスーパーシートを新設し、とくに石鍋シェフの9種類弁当は好評でした。JAL/JAS統合後は2社体制でしたが、ANA, JALとも、順次小型化が計られ、2011.3.26をもって、A300-600Rのラストフライトを迎えました。

Rimg0109

JAS時代からの熊本線の主力機、A300の最後のプッシュバックです。

Rimg0120

操縦席の窓の下の「眼のクマ」が特徴。

機体側面には「A300-600R 20年分の感謝をこめて ありがとう」

Rimg0136_2

操縦席と最後の交信です。

Rimg0152

出発準備も済んで、「オールクリア」の合図

Rimg0157

お見送りにも力が入ります。

Rimg0161

Rimg0197

ラストフライトはJA8375

Rimg0198

Rimg0199

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村←いかがでしたか? いろいろな航空ブログがご覧になれます。

後半の続きでも、「JAL A300 阿蘇くまもと、ラストフライト」

「続きを読む」をクリックしてください↓

羽田のような人混みにはなりませんが、熱心なファンが最後の出発を見送ります。左の水色のお手製ボードにはラストフライトへの感謝の言葉が描かれています。操縦席からもはっきり見えたでしょう。

Rimg0110

春を感じさせる青空がA300-600Rラストフライトを送ります。

Rimg0208

最後にもういちど、「JAL A300 阿蘇くまもと、ラストフライト」

Rimg0168

Rimg0095

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村←いかがでしたか? いろいろな航空ブログがご覧になれます。

人気ブログランキングへ

« JL405便パリゆき。後半では退役の次の日のB747 | トップページ | ちょっとくらいの遅れは、気にしないで、ムッシュー! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL A300 阿蘇くもまと、ラストフライト:

« JL405便パリゆき。後半では退役の次の日のB747 | トップページ | ちょっとくらいの遅れは、気にしないで、ムッシュー! »

ブログランキング

Now Bording

  • 下地島空港 DHC8-300
    いろいろな航空機が登場します。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ