« そうだ年末、フランス行こう! | トップページ | アホウドリの襲来、Bombardier DHC-8-300 »

2011年12月22日 (木)

エールフランス、CRJ700

「成田からのエールフランス便はシャルルドゴールCDGのターミナル2Eに到着し、EUへの乗り継ぎには大変便利です」は嘘で、いつも2Cまでひたすら歩かされます。それよりも何が心配かというとヒースローと並んでロストバッゲージの率が高いこと、そりゃ、こんな広い空港なら、預けた鞄が乗り継げるほうが不思議なくらいです。今回はCDGから国内線でストラスブールに乗り継ぎ。えっ~と、ターミナルは2G! いままで使ったことがないターミナルです。まあ、E、F, Gだから、ターミナル2Cと同じくらいのきょりだろうから、時間もあるし、歩いて行こうかと思ったところに2G行きの循環バスが来たので飛び乗りました。そうしたら、すっごく遠いところで、バスで8分。着いたターミナル2Gは、日本の地方空港をさらに小さくしたような、ところです。それも出発20分前まで搭乗口が決まりません。きっとバスだろうと思っていたら、飛行機まで歩きです。歩きは別にかまわないのですが、外は大雨。日本と同じで傘貸してくれるだろうと、フランス人を信じていたら、信じるものは馬鹿をみる(フランス語でもきっとこんな諺があるでしょう)で、雨の中を傘もなく歩かされます。

Rimg0552

↓それも機体後方では貨物室に積み込む荷物が雨ざらしに。もう、こうなったら、ずぶ濡れでもいいから、自分の荷物があることを願って、搭乗です↑

Rimg0553

CRJ700 ウイングレット

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村←いかがでしたか? いろいろな航空ブログがご覧になれます。

後半の続きではストラスブールのノートルダム大聖堂。ノートルダムは聖母のことです。

Rimg0817

世界遺産です。内部の天文時計が有名です。

Rimg0847

夜遅くは入れませんが、この季節、教会の周りはクリスマス市で、たくさんのひとであふれます。昼間は教会の塔にも昇れます。もちろん階段ですが、60mですから20階くらいでしょうか?

Rimg0671

果たして、成田で預けた荷物はきちんと、ストラスブールに届いたでしょうか? 悪名高きCDGですが(このブログが一番嫌いなのはフランクフルト空港ですが)、まさか、機械制御なんだから、なくなるわけが無いと、実は安心しきっていたら、なんと、荷物が出てこない。人生初のロストバッゲージ! 周囲には空港職員もいないので、誰に言ったらいいの? 隣では、やはり日本人が荷物が出てこなくて困り顔。

そうしたら、フランス人にも親切なひとが少しはいるみたいで、最後に出てきた荷物のビジネスマンが、「国際線から乗り継ぎ? それなら、隣の部屋で引き渡しだよ」と教えてくれました(フランス語でしたが、そんなこと言ったような気がします)。ドアを開けたら、もうひとつのターンテーブルがあって、ずぶ濡れ荷物が人待ち顔で、待っていたのであります。幸い凍ってはいませんでしたが。

Rimg0554

BRIT AIRによる運航です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村←いかがでしたか? いろいろな航空ブログがご覧になれます。

人気ブログランキングへ

« そうだ年末、フランス行こう! | トップページ | アホウドリの襲来、Bombardier DHC-8-300 »

海外旅行 欧州」カテゴリの記事

空港 海外 欧州」カテゴリの記事

CRJ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エールフランス、CRJ700:

« そうだ年末、フランス行こう! | トップページ | アホウドリの襲来、Bombardier DHC-8-300 »

ブログランキング

Now Bording

  • 下地島空港 DHC8-300
    いろいろな航空機が登場します。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ